-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-11-30 00:16 | カテゴリ:清風明月
お久しぶりです!

最近卒論に追われ時間が取れませんでした・・・(´Д⊂


・・・ですが!

音楽に関しては日々新しいものを発掘し続けていますよー♪


本日はメタルではないのですが、クッサクサの国産音楽を紹介しようと思います^^

その名も 

清風明月

ボーカルの葉月ゆら

そして作曲のDROP氏によって作られたプロジェクト

ジャンルは敢えていうならシンフォや民族系に近いでしょうか・・・

アルバムによってコンセプトが違うので一概には言えません

メジャーではなく同人音楽として活動しているので知っている方は少ないでしょう

葉月ゆらちゃんは海物語のマリンちゃんとしてイメージソングを歌っていたり、他の同人プロジェクトに参加していたりしているのでピンとくる方もいるのでは?

パーカッションはアニソン等に多い四つ打ちが多く見受けられますが、メロディラインに関しては秀逸の一言

このような音楽がまだまだ眠っている同人音楽界、気にせずにはいられませんよね?

一応コミケ二日目に参加し音楽あさっちゃおうと思ってます^^

タイトルからわかるとおり、ハーメルンの笛吹男をコンセプトとしたアルバム『HAMELN』

そこからキラーチューンを二曲です!


清風明月 - HAMELN


清風明月 - 恋するマリオネット


あ、ちなみに次回も同人音楽やマイナーバンドに焦点を当てて紹介するつもりですのでお楽しみに♪
スポンサーサイト
2012-11-02 01:20 | カテゴリ:Knights of Round
メタラーの皆さん、LOUD PARKお疲れ様!

ハロウィンとスレイヤーを生で見れたことが何よりも感動でした^^

今度はブラックサバスとスリップノットの参戦が決定した来年のオズフェスが楽しみですね~




さて

先日ドラゴンフォースについて書いたこともあり

メロスピに焦点を当ててみようかと♪


今回は国内のメロスピバンド

Knights of Round を紹介!

国産メロスピを代表するギタリストYAZINを筆頭に結成されたメロディックスピードメタルバンド

メロディはクサクサなギター煌びやかなキーボードを乗せた典型的なメロスピです

が、それ故にメロスピファンの心は揺さぶられるのです

そして現ボーカルのCaz:nieが放つダサダサの英語B級臭!

これ抜きにナイツオブラウンドは語れません^^

絞り出したようなハイトーンなんかも逆に良い味出してます

ひどい言い様と思われるかもしれませんが、クサメロにB級ボーカル・・・

これこそがナイツの真骨頂なのです♪

メロスピファンならハマること間違いなし、とにかくまずは聞いてみてください!

Knights of Round - Knights of Round


2ndアルバム『The Book Of Awakening』ダイジェスト

【ジャンル】:音楽 【テーマ】:ヘヴィメタル
コメント(0) | トラックバック(1)
2012-10-23 00:02 | カテゴリ:Dragon Force
ここ1週間ほどは忙しく更新できませんでした^^;
研究に遊びにバイトにと時間がいくらあっても足りません笑


さて
ついにLOUDPARKが今週末に迫ってまいりました!
折角なので出演バンドを少しずつ紹介していこうと思います

スラッシュゴッドSLAYER!!!!!


...と言いたいところですが、一応クサクサなメタルを紹介するというテーマのブログでして笑

本日はイギリスのバカテクメロスピバンドDragonForceを紹介します!
彼らの音楽性といえばとにかくピロピロ
この一言につきます

一番の見所はギター陣
サム・トットマン、そしてメタル界屈指のイケメンギタリスト
 ハーマン・リ!!
d34su6f392A.jpg

彼らツインギターによるギターソロユニゾンでしょう^^
とにかく好き勝手やるだけのギターバトルがメロスピファンには感涙ものです♪

しかし彼らは勢いだけのバンドではありません
彼らを陰で支えるドラムとベースの実力も伺えます
ギターがそれだけ動くということはベースも大変なのです^^;
ドラムに至ってはブラック、デスばりのブラストを披露!
そして最近ボーカルが脱退、新加入しました
が、以前を遜色のないバンドとして再デビュー
LOUDPARKでの盛り上がりにも十分期待できるでしょう!

3rdアルバム『Inhuman Rampage』より
Through The Fire and Flames


4thアルバム『Ultra Beatdown』より
Heroes of Our Time

【ジャンル】:音楽 【テーマ】:ヘヴィメタル
コメント(0) | トラックバック(2)
2012-10-15 21:58 | カテゴリ:雑記
先日紹介しましたガルネリウスの『Angel of Salvation』

あちらの先着購入特典であるミニライブ&握手会に行ってまいりました!

あーいった特典ミニライブといえば大概はストアライブを想像しますよね?

それがなんとライブハウス!

押しつ押されつのガチライブ状態でした笑

おかげで3曲40分程度しかやってないのに汗びっしょりで大変なことに^^;

まさかCD特典のライブでこんなに盛り上がる日がこようとは思わなんだ...


今週のツアーライブ、そして来週のラウドパークが楽しみであります^^
【ジャンル】:音楽 【テーマ】:ヘヴィメタル
コメント(0) | トラックバック(2)
2012-10-12 23:20 | カテゴリ:Galneryus
購入してきました!

簡単にレビューをば^^

Galneryus 8thアルバム『Angel of Salvation』
images.jpg
ジャパメタを代表するネオクラ/メロスピバンドGalneryus
ボーカルが小野氏に変わってから三枚目のアルバムとなります

個人的評価:★★★☆☆

まず『Phoenix Rising』『Ressurection』
この直近の二作は一枚のアルバムとしてとてつもない完成度であり
新生ガルネリウスの可能性を顕示したとも言えるアルバムです
そのため前作と比較してしまうことを禁じえませんでした・・・
正直に言ってこれらと比べると見劣りするのは事実でしょう
しかし曲単位では素晴らしい曲を生み出している今作
ファンなら聞き逃せない作品になったと思います



1.REACH TO THE SKY ★★★★☆
OPインスト曲
今作をドラマティックに仕立てるための開幕としての役割でしょう

2.THE PROMISED FLAG ★★★★☆

バックでやけに壮大なメロディを奏でるキーボードが印象に残ります
当然Syuのギターもいつも通りピロピロし哀愁を漂わせるが、個人的には特にkeyが耳に残る
曲自体はかなりクサく、FLAGシリーズとして遜色のない出来であると感じた
が、ガルネリにしては珍しくボーカルにノリきれない面もあり
曲を重視するのか、歌として見るのかで評価が変わるのではないかと

3.TEMPTATION THROUGH THE NIGHT ★★★☆☆
今作においては唯一YUHKIが作曲したナンバー
やはりキーボードに力が入っています
曲には惚れましたが、やはり歌モノとしては難点が残る

4.LONELY AS A STRANGER ★★★☆☆
煌びやかな曲が並ぶ今作の中でもハードなサウンドを鳴らします
中~後半でのブレイクダウンが印象的か

5.STAND UP FOR THE RIGHT ★★★☆☆
独特のフレーズから始まり終始キーボードがキラキラします
間奏でのSyuのギターソロから感じる哀愁には圧巻

6.HUNTING FOR YOUR DREAM ★★★★☆
新ハンター×ハンターに採用された一曲
タイトルと歌詞に意識している点が見受けられます
ただ朝枠アニメ、かつ短縮サイズでは少しキツイところがあるかとも思いました
劇画タッチのシリアス系バトル物等に採用されたらもう少し反響を読んだのではないかと思います
あの手のアニメではやはりもっとキャッチーな歌モノが合うと思います

7.LAMENT ★★★☆☆
なんといってもSyuのギターが魅力
ただしボーカルとのマッチングはあまり良くなかったという印象
最後のギターパートには唸ります

8.INFINITY ★★☆☆☆
概ねまずまずという感じ
Syuパートを抜きに考えるとなんとも言えぬといったナンバー

9.ANGEL OF SALVATION ★★★★★★★
今作タイトル曲にして至高
チャイコフスキーの楽曲をモチーフとし、オケをバックにつけ14分超のメロディを奏でる大作
今作中でも壮大さによりいっそう磨きがかかったこの曲
鍵盤とギターが奏でるシンフォニックかつクラシカルなメロディ
しかしその中にも歌謡や演歌に見受けられる哀愁,日本人ノリを出してくるのがジャパメタGalneryusの真骨頂
間奏では良い意味で頭を捻ることになるでしょう...Syuもノリノリで腰を振っています笑
正直こんなものかと思い聞いていた今作ですが、これを聞いてそんな考えは一蹴
これを嫌いな日本人がいてたまるか!
『今作必聴』ではなく、『ガルネリ必聴』と言えるこの一曲
今からストアライブ、本ライブが楽しみで仕方がありません^^

10.LONGING ★★★★★
アルバムのシメを飾るこの曲はまさに『エンディング』
決して前曲からの余韻を消さず、されど我々の魂を鎮めてくれるナンバー

総評
今作は総じてキーボードに力を入れているなと
また良い意味ではメロディ重視、悪く言えばボーカルのキャッチーさに欠けると言えます
ラスト2曲の素晴らしさは最早語る必要もありませんが
アルバム通して考えると可もなく不可もなくといったアルバムになったのではないかと思いました



・Angel of Salvation(MVバージョンなので短め


・HUNTING FOR YOUR DREAM


ANGEL OF SALVATIONANGEL OF SALVATION
(2012/10/10)
GALNERYUS

商品詳細を見る
【ジャンル】:音楽 【テーマ】:ヘヴィメタル
コメント(0) | トラックバック(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。